2012年08月25日

56式自動歩槍



言わずと知れた中国によるAK-47 Ⅲ型のコピー品、56式自動小銃です。

今なおあらゆる地域で使用され続けています。




ベトナム戦争では中国より供与された56式が北ベトナムにより使用され

本家ゆずりの信頼性をジャングルでいかんなく発揮しました。




レシーバは初期型は削り出し加工でしたが、本家同様60年代後半よりプレス加工に変更されます。

北ベトナムで主に使用された56式は専ら切削加工型だったと耳にしますし、時代から考えてそれが自然だと思います。




(チャーリーシーンよ Kingbeeはホットショットのアホさ加減が大好きだぞ)

前方には折り畳み式スパイクを装備しています。

プラトーンではNVAがこれで黒人兵士をプスプス刺してましたよね。

このスパイクのせいで銃が随分フロントヘビーになってしまったため使いづらいという評判です。



(56式を使うベトコン)

このようにスパイクを外して使用している実例も多々見られます。




AK-47Sに相当する空挺・戦車兵用の折り畳み式ストック版 56-1式はスパイクがありません。











鹵獲された56式の一部は特殊任務のため活用されます。




MACVSOGは越境作戦でしばしばAK47もしくは56式を携行しました。

敵に遭遇したときやむを得ず発砲した場合、最初の一撃の際に敵を「味方の誤射か!?」と誤解させることで混乱・躊躇させ

敵から最初の数秒間のアドバンテージを奪うという狙いがあったのだそうです。

同様の目的のためNVAやVCへの変装も盛んに行われました。






談笑する解放戦線の女性たちのうち1人、戦闘員と思しき女性が56式を携えています。

それにしても美人多くなくなくない?




(えんじゅいろのアオザイに身をつつむベトナム航空のCAさんたち B777のカラーリングもオサレ)

ベトナム人女性は日本のように肥満がとても少ないのだそう。

痩せたいという美意識が若い女性に浸透しているらしいです。美意識が日本人女性のと近いと思うと親近感が持てます。

また野菜が豊富な料理が多い食生活の環境も彼女らのスレンダーを根底から支えているようです。

偏見かもしれませんが、東南アジアの女性は日韓中よりも女性らしい曲線、凹凸が豊かなように思います。

成田のホテルで出くわしたベトナム航空のCAさんたちの一団がすーんごく綺麗でした。

彼女らの制服は赤いアオザイです。スレンダーな体型にフィットしていて美しかったです。




懲りずに余談は続く



退役する前にと思い、この夏は全日空の残り4機になってしまったハイテクジャンボを初体験してきたのでした。



(翼弦長が長すぎて名物後縁トリプルスロテッドフラップ作動が見れなかった)

機首を引き起こしてもB3や320のようにすぐふわっと上昇せず地面を恋しがる様子が印象深いです。

そして大きいだけあって揺れが少ない。乗り物酔いしやすいKingbeeにとってココ重要。

上昇中雲の中を飛んだときには雪が飛んでおり、CF6の前縁着氷が見れたというオマケ付き。

アンチアイスありでも僅かに着氷するんだもの、アウトになった日にゃあ大変だわな。


(CAさーんこのひこーきすごいや!かいだんがあるぞ!)

 CA:お写真おとりしましょうか!
 
 俺 :いいんすか
 
 CA:もちろんですよ!
 
 俺 :おなしゃーす
 
 CA:ハイチーズ…うーん!ステキ☆
 
 俺 :くぁwせdrftgyふじこlp

素敵な営業スマイルのCAさん、お上手。一本取られました(・へ・)




(こんなに内装あったらC整備なんて客室整備士何人必要なんだろう? と思わせる巨大っぷり)

CAさんも10人以上必要だし、燃料もドカ食い。時代にそぐわないのも納得です。

でもそれをもってしても余るほどのとてつもない巨体!ロマン!ジャンボは夢を運ぶのさ!

そういえば7月時点で羽田福岡便、787だけ8月中全部満席で笑えた。他はすっかすかなのに。

退役寸前のジャンボがもったいないですぜ。




とんでもなく脱線してしまいましたが、次回は全日空のCAさんをレビ(殴

…ではなくて RS 56式のレビューに参りたいと思います。乞うご期待。


追記

ふう。ようやくレビューが完成しましたよ。

こちらからどうぞ 【レビュー】RS 56式自動歩槍





同じカテゴリー(Weapons)の記事画像
XM177E2 念願のブルーイング編
XM177 クリーニングロッド納得?編
オーバーランの原因は?
次世代20連マグ 自作
G&P XM177E2 モーター交換
【次世代!!】M16A1
同じカテゴリー(Weapons)の記事
 XM177E2 念願のブルーイング編 (2016-08-22 23:59)
 XM177 クリーニングロッド納得?編 (2014-05-03 19:12)
 オーバーランの原因は? (2014-02-02 15:57)
 次世代20連マグ 自作 (2013-12-27 17:16)
 G&P XM177E2 モーター交換 (2013-12-27 10:05)
 【次世代!!】M16A1 (2013-12-26 21:17)
Posted by ながせ(Kingbee) at 22:00│Comments(4)Weapons56式自動歩槍
この記事へのコメント
56式いいですね!
スパイクバヨネットがとても良いです、でも中国のM22なんかもナム戦に合わせて通っぽくて好きです。
RSのレビューも楽しみにしてます。
Posted by macv-sogmacv-sog at 2012年08月25日 23:29
56式からCAさんへの華麗な脱線に目が離せませんw
自分、貧乏学生時代に英国まで行くのにモスクワ経由のアエロフロートを利用していました。
Tu-なんちゃらなど軍用機ベースに萌えたものでした。
と、いうわけでRSのレビュー私も楽しみにしております。
Posted by Sandy at 2012年08月26日 03:11
>中国のM22
あいにく知識不足で分からないです。ナイフでしょうか?
ノートPCが逝きました。帰還するまでレビューはしばしお待ちください。
Posted by Kingbee at 2012年08月28日 23:37
羽田の休憩所ではJALとANAのCAが冷戦繰り広げてるらしいのです。現実はキツイわ…。

なんて学生時代だ羨ましい!
もしかしてエンジンは4発の2重反転ペラでしたか?
Posted by Kingbee at 2012年08月29日 00:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。